HOME > ふくろう出版の本 > 本データ > 学校における養護活動の展開

ふくろう出版の本

医学・看護介護・福祉

学校における養護活動の展開

  • 養護教諭養成講座
    学校における養護活動の展開
    改訂4版
  • 津島 ひろ江 編集代表,荒木田 美香子・池添 志乃・岡本 啓子 編著
発行日2017年04月03日
判型A4判
頁数372
税込価格2,808円
ISBN978-4-86186-692-0


概要

生活習慣の乱れからくる不健康や保健室登校、アレルギー疾患にメンタルヘルス、薬物乱用、性感染症、発達障がいなど、子どもたちの健康問題はこれまでになく多様化している。平成28年度現在で養護教諭養成大学は125を超え、大学で免許を取得する学生が増えてきたが、養護教諭の役割に対する期待も、学内外で大きなものとなっている。
近年教員に求められる役割が拡大され、単独で教育に専念することは難しい。従来の教職員の他に、スクールソーシャルワーカー、スクールカウンセラー、看護師、学習サポーターなど様々な専門スタッフが配置され、学校の教員構造も転換がはかられている。
そんな中で養護教諭は、学校保健のキーパーソンとして子どもの現代的健康課題の対応にあたり、学校内や地域の関連機関との連携を推進するコーディネーターの役割を担うのである。
本書は養護教諭の専門性に関する基本的な考え方を示し、養護教諭が行う活動の展開について紹介している。各章は理論、実践で活用されている資料、H29年度養護教諭採用試験問題の3項目から成る。
学生の主体的学習を支援すると共に、養護教諭養成校や実習生の指導をされる先生方にも活用しやすい参考書となることを目指した。

目次

第1章 養護教諭の職務と専門性
第2章 養護教諭の歴史
第3章 養護教諭の免許と養成制度
第4章 児童生徒の健康実態
第5章 スクール・ヘルス・アセスメント
第6章 保健室経営
第7章 学校保健計画・学校安全計画
第8章 健康観察
第9章 健康診断
第10章 疾病管理
第11章 感染症の予防
第12章 保健学習
第13章 保健指導(集団)
第14章 保健指導(個別)
第15章 健康相談
第16章 学校救急処置
第17章 学校安全・危機管理
第18章 学校環境衛生活動
第19章 組織活動
第20章 関係職員・関係機関
第21章 特別支援教育における養護活動
第22章 養護活動の評価
平成29年度教員採用試験(養護教諭)過去問題(各章末)
平成29・28年度教員採用試験(養護教諭)過去問題(解剖生理関連)
資料1 学校保健安全法
資料2 学校環境衛生基準
資料3 養護教諭の職務内容等について
資料4 子どもの心身の健康を守り,安全・安心を確保するために学校全体としての取組を進めるための方策について(抄)
章末 教員採用試験~養護教諭~過去問題解答例
索引

著者略歴

津島 ひろ江(つしま ひろえ)
関西福祉大学看護学部看護学科 教授
高知女子大学卒業,岡山大学大学院教育学研究科修了(修士/教育学)
兵庫教育大学大学院連合学校教育学研究科修了(博士/学校教育学)

荒木田 美香子(あらきだ みかこ)
国際医療福祉大学小田原保健医療学部看護学科 教授
聖路加看護大学卒業,筑波大学大学院修了(修士/体育学)
聖路加看護大学論文博士(博士/看護学)

池添 志乃(いけぞえ しの)
高知県立大学看護学部看護学科 教授
高知女子大学大学院看護学研究科修士課程修了(修士/看護学)
高知女子大学大学院健康生活科学研究科博士後期課程修了(博士/看護学)

岡本 啓子(おかもと けいこ)
関西福祉大学大学院看護研究科 教授
大阪教育大学大学院教育学研究科修了(修士/学術)
川崎医療福祉大学大学院医療福祉学研究科博士後期課程修了(博士/保健看護学)

前の頁に戻る
関連書籍を見る

ページトップへ