HOME > ふくろう出版の本 > 本データ > 幼稚園と保育所のいいところを見つ…

ふくろう出版の本

幼児教育・体育・健康

幼稚園と保育所のいいところを見つめなおす

  • 総合保育双書5
    幼稚園と保育所のいいところを見つめなおす
    ~こども園の在り方を軸にして~
  • 大阪総合保育大学総合保育研究所 幼保一体化プロジェクト 編著
発行日2018年08月31日
判型B5判
頁数148
税込価格1,296円
ISBN978-4-86186-714-9
購入

概要

2015年より実施となった「子ども支援制度」。その中核となる「幼保連携型認定こども園」であるが、様々な課題も見えてきている。
こども園創設にかかわり、実際に起こっている保育所・幼稚園における問題、二つの機能を統合するための原理、様々な実践、事例の検討についてまとめた。

目次

序 二つの保育の並存状態での課題-保育内容の視点からの検討-
第Ⅰ部 保育概念の再構築の必要性とその課題
 1章 子ども園における課題の整理
 2章 保育所と幼稚園の溝とは何か~保育所現場から~
 3章 保育所と幼稚園の溝とは何か~幼稚園現場から~
第Ⅱ部 幼稚園と保育所の積極面を生かす視点
 4章 保育・教育の語源と語義を問う
    -保育と教育の一体化を求めて-
 5章 幼稚園と保育所の両方のいいところを生かす
    -こども園における保育内容の課題と視点-
 6章 乳児保育の考え方と実践的保育計画編成論
    -乳児の実践構造を踏まえて-  
第Ⅲ部 幼児教育・保育の再構築の視点と事例
 7章 こども園の保育内容の方向性について
 8章 保育内容構造化の試み
    -大阪狭山市の事例をもとに-
 9章 豊中市のこども園の状況
 10章 新制度で問われる保育概念~こども園・幼稚園・保育所への意識調査より~
第Ⅳ部 保育の再構築のための提言
 終章 こども園の実践が生み出すもの

前の頁に戻る
関連書籍を見る

ページトップへ