HOME > ふくろう出版の本 > 本データ > 「伝えあい保育」の人間学

ふくろう出版の本

幼児教育・体育・健康

「伝えあい保育」の人間学

  • 「伝えあい保育」の人間学
    戦後日本における集団主義保育理論の形成と展開
  • 吉田 直哉 著
発行日2021年03月20日
判型A5判
頁数150
税込価格1,700円
ISBN978-4-86186-805-4


概要

「話し合い保育」運動の発展形として1959年頃より、東京保育問題研究会を核として展開されたムーブメント「伝えあい保育」。
当初その運動は、ソヴィエト連邦における心理学、教育学の知見、特に「言葉」と「集団」に関する理論的主軸に依拠しながら進められた。
海外からの理論に刺激を受けつつ展開されたはずの「伝えあい保育」。それが日本の保育理論として、その後どのような理論展開をみせていったのだろうか。
本書は、これまで注目されてこなかった「伝えあい保育」の理論的側面に光を当て、その基礎・基盤をなす人間認識、人間観に着目。「伝えあい保育」が育てることを目指してきた人間像と、その人間が構築することになるであろう社会像を明らかにする。
第1章から第3章では「伝えあい保育」を支える根底的な理念を追求した三人の著作に注目。続く第4章から第7章では、理論的基礎を踏まえながら、保育内容の諸側面に焦点を当てた各論的思索を検討。最終章となる第8章で、「伝えあい保育」の理論史の総括的取り組みとしての「保育構造論」をみる。
戦後半世紀にわたる理論的・実践的取り組みの成果が、保育構造というクリアな図式で表現されたことの意義は大きい。

目次

まえがき
第1章 乾孝・伝えあい保育を支える理論的基盤
第2章 天野章・伝えあい保育のめざす人間関係
第3章 近藤薫樹・伝えあい保育のめざす子ども像
第4章 高橋さやかの文学教育論
第5章 斎藤公子の身体表現論
第6章 安部富士男の自然保育論
第7章 かこさとしの子ども文化論
第8章 宍戸健夫の保育構造論
あとがき

著者略歴

吉田 直哉(よしだ なおや)
1985年静岡県生まれ.
2008年東京大学教育学部卒業.
同大学院教育学研究科博士課程を経て、
2018年より大阪府立大学准教授(大学院人間社会システム科学研究科・地域保健学域教育福祉学類).
博士(教育学).保育士.専攻は教育人間学、保育学.
専攻は教育人間学、保育学.

前の頁に戻る
関連書籍を見る

ページトップへ